コジロウ白内障半年検診


2016.11.30(水)

祖母(母方)が86歳で亡くなり、12.2~4の3日間、私の生まれ故郷でもある青森県八戸市に帰りました。

母親の実家が八戸なので、私は八戸で生まれましたが、住んでいたのは0歳、3歳~7歳だったので、方言、いわゆる「南部弁」は全くわかりません。

2、3年に1回八戸に帰省していましたが、じいちゃんばあちゃんの言葉は全くわからず、母親が通訳してくれないと会話が成立しませんでした。

それでも、初孫の私は相当可愛がられたと思います。最近、身内や友人の「死」が身近になってきた歳になってきました。本当に悲しい事ですが、少し考え方を変えるようにしています。

人間、犬もそうですが、命あるものいつかは終わりがきます。平等に「死」がきます。「死」を避けられないのであれば、「死」までいかに輝くことができるかを考えるようにしたいです。

叔父からばあちゃんの人生を聞きましたが、生まれた時から波乱万丈、晩年も色々あったみたいですが、最期は安らかに「死」を迎えたそうです。自分の親族はとても仲が良いですし、自分がこの世に存在するのも、ばあちゃんらがいてくれたからなんですよね。

ばあちゃん、ありがとう。

スポンサーリンク

コジロウ白内障半年検診

そんなわけで、八戸に帰省している間、近所のペットホテルに預けていたコジロウを迎えに行き、そのまま半年に一度の白内障検診に行ってきました。

白内障手術「大成功」の記事はこちらから

コジロウは、2014年3月10日に白内障手術を日本高度医療センターで受けましたが、2015年は約3ヶ月に1回ごとに検診、今年2016年からは半年に1回、術後の合併症等発症しないか検診しています。

結果は良好です。眼圧が高くなったり、緑内障を発症するケースも全くないわけではないとのことなのですが、今のところ全く問題ありません。検診の度にホッとしています。

そしてコジロウは病院が好きみたいです。病院で何をされるかわかっているので、なかなか中に入ろうとしないワンちゃんもいるみたいですが、コジロウは私のリードを引っ張って自分から入っていきます。

この日は受付の女性が待合室に出てきたことに気づき、飛び掛かっていきました・・・。

そして今か今かと待ちわびて診療室の方を凝視するコジロウ・・・。
dsc_0115
「早く先生に会いたいワン」(とでも思っているのでしょうか?)

次は来年6月4日検診です。

コジロウ

アナタのワンちゃんにも幸せな1日を過ごしてほしいワン!!


【キャバリアでルビーなコジロウの犬生ブログ-アレルギーを克服する日々を綴る-】

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。