口コミやブログで評判の良かった『Dr.YUJIRO』を購入し、コジロウに使用してから約3週間が経ちます。

実際どうなのかと感想を聞かれると、おそらく・・・、

効果はある!!

と言えます。

『Dr.YUJIRO』の記事ははこちらから

犬用(猫もOK)歯磨き『Dr.YUJIRO』の感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

『Dr.YUJIRO』の使い方

朝はハタ乳酸菌デンタルパウダー


朝ゴハンを食べさせた後、時間が無いので(もっと早く起きろと言えますが)、歯磨きシートでコジロウの歯をサッと拭いた後、指を水で濡らし、小さじ2杯分のハタ乳酸菌デンタルパウダーをペースト状にしてコジロウの歯、生え際の歯茎にまんべんなく塗ります。

夜はフィトンチッドデンタルジェル


夜ゴハンを食べさせた後の夜寝る前に、歯磨きシートでコジロウの歯磨きをして、フィトンチッドデンタルジェル大豆一粒分をコジロウの歯、生え際の歯茎にまんべんなく塗ります。

『Dr.YUJIRO』の効果

歯磨きシートで歯磨きすると、中度の歯周病になっている歯の辺りを触ると嫌がっていましたが、最近は改善しているのか、それほど嫌がらなくなりました。

そして、何といっても口臭が激減しました。

ですので、『Dr.YUJIRO』を約3週間使用してみた感じでは、効果はあると思います。

継続的に使用していかないといけませんが、ただ、あくまで『Dr.YUJIRO』は歯をケアするものであって、根本的に歯周病を治すことができるのかと聞かれると、そうは思いません。

一度、きちんと悪い歯を治療し、その後『Dr.YUJIRO』でケアするのは抜群に良いと思います。もちろん、治療しようがしまいが、歯のケアは毎日した方が良いので、このまま『Dr.YUJIRO』を使用していくつもりです。

今後のコジロウの歯について

コジロウの歯は中度の歯周病ということなので、歯石を取らなければいけませんし、いずれは2本の歯を抜かないといけないかもしれません。

そうなると、無麻酔の歯石除去でいけるのか、麻酔ありの歯石除去になってしまうのか?

ただ、2本の歯を抜かなければいけないとなれば麻酔は必須なので本当に悩んでいます。

歯周病チェックをしてくれた動物病院でも麻酔からの歯石除去や抜歯をやっています。実績もあるみたいで、丁寧に実際の手術画像で説明して頂きました。

とはいえ、歯科治療専門医ではなく、あくまで獣医師のやる歯科治療なので、リスクがあると言われるのも事実です。

今、コジロウのために色々な情報を仕入れている状況です。

そして、なんと人間の歯医者さんでありながら、日本初の犬の歯医者さんを見つけました。まさに歯のスペシャリストです。

その犬の歯医者さんについて調べてみたので、次回は記事にしてみたいと思います。

この歯医者さんなら、コジロウを連れて行ってもいいかもしれない?!

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。