昨日は溜まった休日出勤を使って休みをとって、コジロウを犬専用の歯医者さんに連れていきました。

実は、かかりつけの動物病院で、「抜歯した方が良い」と言われたものの、何となく、犬専用の歯医者さんてないのかなぁと思って改めて調べていまいした。すると、ピンポイントで見つけたのがこの『オーシャンズ ペットケアセンター』だったのです。

かかりつけの先生が悪い獣医さんということではなく、犬専用の歯医者さんにも診て頂きたくなったのです。

3月頭に予約の電話をしたのですが、人気の犬専用歯医者さんということで2ヶ月待ち・・・。

というわけで、5月18日(金)AM10:30に行ってきました。

スポンサーリンク

コジロウの歯周病チェックへいざっ!!


平日の午前中に出かけるなんて、どこに行くんだ?!


着いた~!!


もっと遊んでよ・・・
コジロウは女性スタッフに気に入られる術を知っています。

案の定「病院怖くないんだね~!!」と女性スタッフに感心されて尻尾フリフリ状態で甘えていました。


先生、来いやー!!

では、実際にコジロウの歯をチェックした画像です。


先生「前に診てもらった時、歯が折れてると言われませんでしたか?

・・・・・、えっ、折れてるんですか?

先生「この感じだと結構前に折れていますね

先生曰く、この感じで、普段痛がるそぶりをしていなかったのなら、相当前に折れて今は慣れてしまっているとのこと。

まさか、折れてたなんて・・・。ちなみにかかりつけの先生からはそのことは言われていませんでした。


あと、1本歯が抜けていると。

知らなかった・・・。


歯茎が弱って、前歯が少しグラグラしているとのこと。

また、コジロウの歯と歯茎はなかなかのダメージがある状態なので、歯ブラシでのケアは更にダメージを与えてしまうので、今はやめてくださいとのこと。

レントゲン画像

レントゲンを見て、先生が一言。

コジロウくん、あまりご飯を噛まずに飲み込みませんか?

・・・・・、はい、そういえば確かにそうです。

グラグラする問題の歯を支える骨が溶けて無くなっているとのことでした。


よく仕組みと意味がわかりませんでしたが、上の歯は左右逆に見えるそうです。一見、手前が左側に見えるのですが、はっきり濃く写っているのが右側の歯だそうです。


こちらは、はっきり濃く写っている手前が左側の歯です。下の歯は手前が右側です。ということで、「0.57cm」と記入されている数字は、右側の犬歯の奥側の歯で、空いてしまった歯周ポケットの深さを表しています。

コジロウ、麻酔で抜歯手術を決断

このまま治療しないでいると、既に歯磨きでは取れない汚れによって、菌が繁殖し、
最悪のケースで脳、心臓、内臓への感染症が考えられるとのこと。

無麻酔、麻酔、いずれにしてもきっちり歯周病を治す、そして抜歯もした方が良いと診断されました。

『オーシャンズ ペットケアセンター』の基本方針は、抜かなくてよい歯は極力抜かない、無麻酔治療、麻酔治療は飼い主さんと納得いくまで説明して決めてもらうということだそうです。

先生からリスクも含めて、きちんと説明して頂けました。

コジロウの11歳という年齢での麻酔治療を私は心配していましたが、『オーシャンズ ペットケアセンター』に治療に来るワンちゃんは、コジロウと同じように、10歳を越えて結構歯のダメージが進んでしまっている高齢シニア犬が多いそうです。

抜歯当日、血液検査、心臓のチェックをきちんとした上で、手術をするので、気にされなくても良いですよと不安を取って頂きました。

また、コジロウの場合、無麻酔治療もできなくはないとのことでしたが、変形性脊椎症・関節症を患っているので、「グッ」とこらえたり、体がこわばることによって相当体や関節に負担がかかることが考えられるので、そういった意味でも麻酔治療にして全ての歯を綺麗に治療した方が良いでしょう、と言われました。

ということで、私は麻酔治療で問題のある歯(5本)を抜歯、歯周病もきっちり治すことを決めました。

抜歯手術

平成30年6月11日(月)10時~

手術時間はおよそ2時間。麻酔が抜けて最終チェックをするので、夜7時に迎えに行きます。何も問題なければそのまま引き取り、問題があれば1日入院するそうです。

犬専用の歯医者さん『オーシャンズ ペットケアセンター』の情報

住所

〒234-0055 神奈川県横浜市港南区日野南4-2-7

地図

電話番号

フリーダイヤル:0120-04-6666
045-846-0445

診察時間

午前の部10:00~13:00
午後の部16:00~20:00

休診日

木曜日

クレジット払い

可。

動物保険

アニコムペット保険、アイペット保険適応。

公式サイト

『オーシャンズ ペットケアセンター』公式サイトはこちらから

今回の診断でかかった費用

・初診料:2,000円

・予備検査:500円

・レントゲン検査:4,000円

・処方科:500円

・内服薬:600円

計:7,600円

消費税:608円

合計(税込):8,208円

内服薬というのは、抜歯手術4日前から飲ます歯周病菌を減らす薬です。

ちなみに、抜歯手術費用はおよそ8万円~とのこと。はじめてアイペット保険を使う時が来そうです。

まとめ

診断して頂いた先生は、私より若い感じでしたが、とてもわかりやすく丁寧に説明して頂きましたし、非常に説得力のある方でした。

かかりつけの先生と比較して申し訳ないのですが、やはり犬専用の歯医者さんということだけあって、専門的なことを、こちらから質問しなくても的確に、詳細にお話しして頂きました。

しかし、コジロウをもう少し早く連れてきてあげれば良かった・・・。

いや、もっとコジロウが若い頃から歯磨きガムに頼らずに、きちんと歯ブラシでケアしてあげれば良かったと後悔しています。

またコジロウの体に負担をかけてしまうのです。

このブログを読んで頂いている飼い主さん、もし、愛犬の歯磨きをしていないのであればぜひしてあげてくださいね。

まずは歯ブラシを怖がらない、口の中を触らせてくれることが前提ですが。

先生は、犬の歯のケアは、動物病院2割、飼い主8割とおっしゃっていました。愛犬の過ごす時間は、動物病院よりも自宅の方がはるかに長いわけですからね。

手遅れになる前に。

犬の専門歯医者さん『オーシャンズ ペットケアセンター』はおすすめです!!

抜歯手術の記事は必ず書きます。

ポチッとな!応援よろしくお願いします!!
スポンサーリンク

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。