平成30年11月14日(水)

コジロウの犬生ではじめての・・・、食欲不振。いつもドッグフードを用意しようとしただけで察して近づいてくるのに、昨夜はあまり元気がなく、

いつもはドッグフードをガッツいて食べるのに、恐る恐るゆっくり食べました。

昨日までは全く普通だったのに、シニア犬は急にこのようなことが起きるのですね。注意深く観察し、近々に動物病院に連れていってきますが、今回はシニア犬によくある症状を改めて考えてみたいと思います。

皆さんのワンちゃんと共通のことがあって参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

嘔吐

犬は我々人間よりもよく吐いてしまう生き物ですが、その原因の見極めも非常に重要です。

コジロウは、よく自分の足を舐めて毛が胃に溜まって吐くことがたまにあります。

昨夜、私が帰宅した際も、少し吐いた形跡がありました。その後はスッキリして何事もなかったようにケロっと元気になっているので、それほど問題にはならなかったのですが、

吐く理由は、何か食べてはいけないものを食べてしまった、車酔い、空腹時、更には重大な病衣気が原因と様々なので、注意が必要です。

そして、コジロウにゴハンをあげることにしました。

食欲不振

シニア犬は、食欲不振になる場合と、食欲旺盛になる場合があるそうですが、今回コジロウは、急に食欲不振になりました。

シニア犬は睡眠時間も長くなり、その分運動量も減ってくるので胃腸が上手く働かなくなって食欲が低下するそうです。

昨夜のコジロウは、大好きなドッグフードも私の顔をチラチラと伺いながら恐る恐る食べました。完食したのですが、11歳になってはじめてのことです。

数日続く場合はやはり動物病院で診断してもらわないといけないのですが、お湯でふやかして匂いが発すると食べるケースもあるので、様子をみたいと思います。

また、私と奥さんが食事をする時はテーブルに飛び掛かって、

俺にも食わせろーーー!!」と来るのですが、昨夜は全くなし。


こんな感じで身を乗り出してくるのに昨夜は全く来なかった・・・。

ちなみにここ数年、ゴハンを食べさせろと夜中の3~5時に数回起こされるのに、今朝は1回も起こしにきませんでした。

私たちは熟睡できても、コジロウの異変でそれが無くなるのはやはり心配です。

また、今朝のゴハンもやはりいつものようにガッツくこともなく、ゆっくり食べていました。胃腸が弱っているのかもしれないので、いつもより半分ぐらいの量にしました。

下痢

昨夜のゴハンの2時間後に、コジロウを散歩に連れて行きました。いつもは外に出るエントランス付近で散歩ができる喜びで興奮するコジロウですが、大人しかったです。

前夜の散歩は元気に走り回っていたのですが、昨夜はヨタヨタ歩き。

そして、かなり水っぽい下痢でした。

シニア犬の下痢の原因は、胃の働きが低下、腸内環境の悪化、体温調整機能の低下が考えられます。

我々人間もそうですし、犬も腸が大事ですので、健康維持のためには腸をいかに正常に保つかが大事なのです。

シニア犬は若い頃に比べ、善玉菌が減少し、悪玉菌が増殖しやすい腸環境になるので、サプリなどで補助することが必要です。

関節系のサプリは与えているけど、これからは腸内環境を良くするサプリも検討しなければいけないなと思いました。

また、長時間ひとりぼっちで寂しい環境もストレスで下痢になるケースも多いようです。

共働きなので、コジロウをひとりぼっちにさせる時間が長いのは本当に申し訳ないと思っています。少しでも長く一緒にいれる時間を工夫して作っていかなきゃいけないですよね。

まとめ

今回、コジロウ生まれてはじめての食欲不振。正直、かなり動揺しました。

元々今週末ワクチンを打ちに動物病院に連れて行く予定でしたが、それまで回復すれば良いのですが・・・。


会社出勤時、カメラで確認したら、既に定位置で眠っていました。

頑張れコジロウ!!

ポチッとな!応援よろしくお願いします!!
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。