【決意表明】愛犬コジロウ前立腺ガンを克服する!!第ニ章はじまる

先月11月25日(月)から突如現れた症状である、

ウンチの便がきし麺のように細い

オシッコの回数が異常に増えて、しかもチョロチョロ

12月4日(水)の診断では「前立腺肥大」でした。

しかし、コジロウは小さい頃に去勢済なので、前立腺が肥大すること自体おかしい・・・。

ホルモン剤と抗生物質を続け、1週間後には便も改善されてきました。

2週間経った今は、いたって普通に戻りました。

そして昨日12月10日(火)念のためのCT検査。

スポンサーリンク

決意表明:前立腺ガンと戦います

1週間後の病理検査の結果待ちではありますが、コジロウは

前立腺ガン」で間違いないだろうとのこと。

はっきり言って、覚悟はしていましたし、これまでネットで色々と調べまくりました。

でもやっぱりショックでした・・・。

しかし!!

飼い主の私が嘆いてもしょうがない!!

なってしまったものはしょうがない!!

コジロウのためにやれることはやる!!

というわけで、本ブログの副タイトルは「アレルギー性皮膚炎、変形性脊椎症・関節症を克服する!」でしたが、

本日から、

前立腺ガンを克服する!」と変更します。

まとめ

正直、コジロウはアレルギー性皮膚炎、変形性脊椎症・関節症はあるものの、12歳と思えないほど元気でしたし、なんなら20歳まで生きてギネスにも載るのではないかと考えていました。

今年春の健康診断、血液検査でも異常無しでした。

しかし、病院の血液検査だけではガンはわかりません。

一般的にガンの症状は、食欲が落ちる、体重が減る、元気がない・・・、等言われていますが、コジロウは全く当てはまりません。
(何か小さい徴候を見落としているかもしれませんが)

普通に食欲はありますし、体重は減っていませんし、元気はあります。

それでも現実はガンになりました。

これから前立腺ガンを克服するコジロウの犬生第二章がはじまりました。

私と奥さんはコジロウの犬生を輝いたものにするため奮闘していきます。

コジロウの闘病生活の備忘録記事は、同じような病気に悩まされているワンちゃんや飼い主さんにとってもタメになるように記していきたいと思います。

これから頑張るコジロウを応援してくださいね!!

という決意表明でした。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク