再発した脚の付け根リンパ節の腫瘍摘出完了!!【愛犬コジロウ前立腺癌と闘病中】

2021年1月に膀胱摘出、人口尿管手術を終えたコジロウ。

1ヶ月ごとに定期検診をしていて術後良好でしたが、先月7月の検診で右脚付け根にシコリが発覚。病理検査の結果、悪性腫瘍、転移していたことがわかりました。

今後の対策として、

1.手術してその後抗ガン剤
2.抗ガン剤のみ
3.何もしない

という3つの選択肢がありましたが、先生からは「コジロウくんはまだ体力もありますし、CT検査で肺など他に転移がなければ取った方が良いでしょう
とても力強く心強い先生のお言葉でした。

奥さんと相談した結果、CT検査をして何もなければ手術をしようと決意しました。

スポンサーリンク

CT検査当日

しかし、本当にガンなんて嘘なぐらい日常生活は全く普通で元気なコジロウです。
(膀胱が無いのでそのままオシッコ垂れ流し、オシメ生活ではありますが)

CT検査前日でも、こんなにスタスタ、シッポフリフリで散歩しました。

散歩してると初めて会う人に、コジロウが14歳で前立腺ガンと戦っていると言うと本当にビックリされます。

はい。そして2021年8月18日(水)に日大動物病院に行ってきました。夏休み中で仕事が休みで良かった・・・。

11時に病院入りして、血液検査も問題なく、全身麻酔のため同意書にサインしていざCT検査へ。

夕方4時にまた病院に戻ってきてほしいと言われ、約4時間の自由時間。途中お昼ご飯を食べて、近くにあったマッサージ店で体をほぐしてもらい、あっという間の4時間で病院へ戻りました。

そして、診察室に呼ばれ、目の前に飛び込んできたのはコレ。

あれ?えっと・・・。

先生「CT検査の時に、ついでに取ることができました

・・・・・、バンザーーーーーイ!!

なんと、CT検査で全身麻酔をかけている30分の間に脚の付け根の転移した腫瘍をササッと取ってくれたのです

正直なところ、CT検査の結果が良かったとして、これからどのような術式で行うのかミーティングをして・・・、と聞いていたので、早くても手術は来週かな、そして入院から退院まで1週間ぐらいかな、手術費用は○○万円かな・・・、と考えていました。

まず先生から「CT検査で肺や他の臓器にも転移が見られなかったです」と説明がありました。

そして、「今回取ろうとしていた腫瘍がかなり皮膚の表面に近いところまで表に出ていたので取ることができました

いやー、今回は本当にラッキーでした。

まずはCTの画像を見せて頂きました。

右側が今年3月の再手術した時の画像で、左側が今日の画像。共に肺の画像です。

ポツポツと白い点が見えますが、半年ほど経っても大きさが変わっていないので、これは転移ではなく炎症後の石灰化したものだろうと。

そして、摘出した腫瘍のアップ画像がこちらです。グロい系が苦手な方はスルーしてくださいね。

表面には皮膚も付着しています。それぐらい表にできたモノであったため、すんなり取れたそうです。

というわけで、いつ手術するのか悩んでいたのが本日無事完了したのです。

今後の展開

さて、転移した腫瘍が取れたものの、わずか半年で腫瘍が白玉団子程度の大きさに拡大していたことも怖い事実。

また同じように再発するかもしれないし、今回のように簡単に取れない場所にできる可能性もあるわけです。ですので、今後の対策もきちんと考えていかなければいけません。

はい、抗ガン剤です。昨年飲んでいたのはパラディアという分子標的薬ですが、結局飲んでいても腫瘍ができたのでパラディアはもう効果を期待できないのです。

もし、次に抗ガン剤を使うのであれば、カルボプラチンという薬だそうです。

副作用が強くて生活の質が下がるのであれば、その時点で投与を中止するとのこと。その場では即答せず、奥さんとじっくり相談して翌週の検診時に返信するとお伝えしました。

今、この記事を書きながら何もしないよりはまずはそのカルボプラチンを試してみようかなと思っています。

ひょっとしたら副作用が軽く済んで、癌細胞を消滅してくれる可能性が少しでもあるのなら試す価値はあると思います。

もう少し頑張ってくれるかな、コジロウ?

麻酔から覚めたコジロウは、帰る時には意識もしっかりしていました。帰りの車では爆睡でしたが(^^;)

そして、帰宅後もすぐ寝てしまいました。

いつもはボクたちが食事する時は、必ずボクの隣で伏せをして「俺にも食わせろ~」アピールをしてくるのですが、さすがに今日はゴハンの匂いにも全く反応せず。

結構なイビキをかいて寝てましたzzz

コジロウ、今日は本当におつかれさまっ!!

目が覚めたら大好きなリンゴを食べようね。

【関連記事】
そういえば、コジロウはガンに効果が期待されるサプリ『紅豆杉』も食べています。転移があったので、絶対に効果があるとは言えません。しかし、そのおかげで1年8か月経っても元気でいれる1つの要因とも言えるのかもしれません。

少しでも長くコジロウといられることを信じてこれからも紅豆杉を食べてもらおうと思ってます。

gaityu336.png
スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク