今日は、1年に1回の定期検診と狂犬病ワクチンでした。

本当は半年に1回、定期検診しておきたかったのですが、担当の先生から「問題ないでしょう」と言われていたので、コジロウの誕生月である4月に行ってきました。

昨年、5月にコジロウを熱中症にしてしまったこともあり、やっぱり心配だったのですが・・・。

そして、来月のゴールデンウィークにコジロウを連れて北海道旅行に行くので、早めに狂犬病ワクチンを打っておきたい、健康体であることを知っておきたかったのです。

スポンサーリンク

コジロウ、定期検診の結果・・・

とても健康優良犬でした!!

こちらが血液検査の結果です。

血小板の数値がかなり低値ですが、なぜだかキャバリアの場合、機械との相性なのか毎回低値なので心配ないとのこと。


ALP(アルカリホスファターゼ)は、昨年の熱中症から1週間後の数値が349と非常に高値であったのが、正常値に戻っていました。

ALP(アルカリホスファターゼ)は、特に肝臓に異常がある場合に高くなるものです。熱中症後、かなり肝臓が悪かったのです。

それにしても、コジロウの体が丈夫過ぎて、本当に救われました。

ただ、4/18で10歳になるコジロウ。
これからは老化による影響も徐々に出てくるでしょう。

気は抜けません。

日頃のスキンシップ、コミュニケーション、注意深くコジロウと接しなければいけませんし、ドッグフード、おやつ等引き続き体に良いものを研究し、散歩やお出かけの時は、様々な事故が起きないようにしなければと、改めて気を引き締めました。


今日はお疲れ様、コジロウ。

コジロウ

アナタのワンちゃんにも幸せな1日を過ごしてほしいワン!!


【キャバリアでルビーなコジロウの犬生ブログ-アレルギーを克服する日々を綴る-】

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。