前回、3.11の記事を書きましたが、改めて震災について考えさせられました。

コジロウのため、自宅でできること、最悪の想定で自分が今できることを考え、色々と調べてみました。

なんと、犬・猫をはじめとするペットのための震災グッズがあったので紹介したいと思います。

が。

結果論から言いますと、コジロウは体重オーバーのため私は買うことができません。コジロウがダイエットして8kg切ればば良いのですが・・・。

気を取り直しまして。

通院・災害、そして震災を想定して設計されたリュック、それは『GRAMP』です。

スポンサーリンク

通院・災害、そして震災を想定して設計されたリュック『GRAMP』とは?

通院」から「災害」まで。

もしも」を「いつも」に。

我々飼い主と犬をはじめとするペットがいつ体験するかわからない「災害」を想定して設計販売されたリュック型ペットキャリー『GRAMP』は、もちろん日常の色々なシーンで重宝される多機能なリュックです。

例えば、連休時に旅行に出かけたり、休日のカフェでまったりしたり、愛犬との楽しいお出かけのお供になるグッズなんですね。

そして、いつかはくる「通院」、そしていつかくるかもしれない「災害」時、特に実際に震災で被害にあわれた飼い主さんが災害現場で困っていたことを調査し、せめて数日間は飼い主と共に避難所で過ごすことができるよう様々な工夫がされています。

『GRAMP』のアピールポイント

ポイント1頑丈で軽い
「災害」を想定したリュックなので、しっかりとした安全なものであり、耐久性も高く、飼い主がリュックを背負った時に軽く感じる形状に
なっています。更には、リュックが体にフィットするので、横揺れが少なくペットが酔いにくいことも評価が高いです。

ポイント2ペットに最適な室内空間
ペットの体のつくり、習性を基に快適に過ごせるように設計されています。但し、ペット重量は8kg(ペット・荷物含め耐荷重10kg)までなので、9kgのコジロウは使えません・・・。小型犬、8kg超えないワンちゃんのみですね。

ポイント3ケージ機能
『GRAMP』の背面部分を開けると、ケージが拡張し、例えばおしっこシートを敷いたりすれば、ちょっとした居住空間に早変わりします。移動用だけでなく、避難先で過ごすことも想定したリュックなんですね。

ポイント4給水口
避難先でペットを迷子にさせないよう、リュックの中で給水できるよう給水口が設けられています。給水ボトルは別売ですが、給水ボトルの先を給水口に入れて水を飲ませることができるわけです。

ポイント5視線コントロール
ジロジロと覗き込まれることが苦手なワンちゃんを気遣い、外部の情報を適度に遮り、ストレスを軽減するような作りになっています。

ポイント6収納力
もしも災害が起こった場合、数日間やり過ごすために水を入れるペットボトルをはじめ、様々なものが必要だと思います。なるべく荷物はGRAMP1つにまとめられるよう、4つの収納ポケットがあります。

ポイント74WAY
ワンちゃんの様子を見ながら移動できるよう、長時間『GRAMP』を担げるよう、疲れたら違う担ぎ方で疲労を軽減できるよう、4WAYとなっています。ワンちゃんの顔が見れる前向き抱っこスタイルなんて、素晴らしすぎますね。

ポイント8ジッパーコントロール
寒い時の指がかじかんだ時でも、開けやすいよう、『GRAMP』のジッパーは全て長めになっています。優しい配慮ですね。

ポイント8視認性とデザイン
災害、震災時を想定し、遠くからでも見つけられるよう、『GRAMP』は、太く白いラインが反射するようになっています。

『GRAMP』の気になる金額は?

48,600円(税込)

『GRAMP』のデメリット

  • ペット体重8kg以上には使用できない・・・
  • 単純に金額を考えると・・・
  • 強いて言えば中国産・・・

『GRAMP』のメリット

  • いつも使えて、もしもの時も安心
  • 移動時の負担が軽減される構造になっている
  • 長い目で見るとお買い得

『GRAMP』のまとめ

もしもの時のために・・・、ではなく、いつもの安心に。

なるほど、良いキャッチコピーだなと思いました。

災害、震災はいつ起こるかわかりません。起きてからでは遅いんですね。ただ、『GRAMP』は、もしもの時だけでなく、いつも使えるものだから、ワンちゃんにとっても、我々飼い主にとっても安心できる商品なんですね。

残念ながら、コジロウの体重では使用できませんが、8kg以下のワンちゃんには有り難いリュック型ペットキャリーですね。

【ペットキャリー GRAMP】

コジロウ

アナタのワンちゃんにも幸せな1日を過ごしてほしいワン!!


【キャバリアでルビーなコジロウの犬生ブログ-アレルギーを克服する日々を綴る-】

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。