いつか書こう書こうと思っていた記事をようやく書くことができました。

キャバリアーズ

この場合の『キャバリアーズ』は、NBAクリーブランド・キャバリアーズではなくて、自分勝手ではありますが、私と嫁のことを指します。

私は晴れて一人暮らしを始めた2007年、コジロウと生活するようになりました。

ちょうど同じ頃・・・。

結婚する前の嫁は、シンガポールにいました。ちなみに嫁はシンガポール人ではありません。れっきとした日本人です。

シンガポールで働いていたわけです。

そして・・・。
作り話でもなく、嫁はシンガポールでキャバリアを飼っていました。

シンガポールから帰国して私と出会った時の、嫁の口説き文句が、

私もキャバリアを飼っていたからコジロウの面倒をみれるよ

だったように思います。この記事をみて嫁から物言いがついたら修正しますが、多分、おそらくそうだったはずです・・・。

まさか異国の地で、お互いキャバリアを飼っているなんて!!運命以外の何物でもないわ!!私たち付き合いましょう!!

これはちょっと誇張し過ぎた感は否めませんが、おそらくニュアンスはこんな感じでした。

シンガポールはイギリス領ってことで、キャバリアを飼っている人多かったのかな?

嫁がシンガポールで飼っていたキャバリアの名前は「Aska(あすか)」ちゃんです。

スポンサーリンク

コジロウと私とAskaと嫁

もっと以前からこの記事を書きたかったのですが、別にチャゲ&●鳥の薬物問題が世間を賑わせていたから意図的にタイミングをズラしたかったわけではありません。

たまたまです。

敢えて言うことではありませんがね。

Askaも可愛いですね。シンガポールだからかコジロウと違ってなんだか気品があるように見えるのは気のせいなのかな。

コジロウ&Aska

やっぱり同じキャバリアだけに似てるなぁ~

コジロウ

アナタのワンちゃんにも幸せな1日を過ごしてほしいワン!!


【キャバリアでルビーなコジロウの犬生ブログ-アレルギーを克服する日々を綴る-】

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。