インフルエンザによる体力低下が否めません。症状はかなり治まっているのに体がボーっとします・・・。

さて、コジロウは?


また寝てるーーー!!

休み中の画像の使い回しはしていませんよ。しょうがない、まだ寝させておこう。

さて。

今回は、非常に誘惑されてしまうドッグフードを発見してしまったので紹介したいと思います。

ただ・・・、後述しますが、コジロウには食べさせられないのです、残念ですが。

しかし、普通のワンちゃんにはソソられてしまうドッグフードなのは間違いないですよ。

それは『犬心(いぬこころ)』というドッグフードなのです。

この『犬心(こころ)』は、今まで愛犬のために色々なドッグフードを試してみたものの、イマイチ効果を感じられなかった飼い主さんとワンちゃんを救うドッグフードかもしれませんので要チェックです。

スポンサーリンク

『犬心(いぬこころ)』とは?

まずは、下記の疾患をご覧ください。

クッシング症候群

膵炎

甲状腺機能低下症

高脂血症

糖尿病

メタボ(肥満)

脂質代謝異常症

上記の疾患は、実は全て原因が同じで、互いの併発のリスクも高まる疾患なので非常に注意が必要な病気なのです。しかし、逆を言えば、原因が同じなのであれば、その原因一つを対応できれば上記7つの疾患全てを同時にケアできるということになります。

私が知る限り、高脂血、高血糖といった疾患を対象にしたドッグフードは今まで無かったように思います。おそらく、手作りであり、自然派であり、更には病気・疾患の対応まで満たすドッグフードなんて、開発、製造に手間暇がかかりすぎて実現し得なかったのではないでしょうか。

しかし、マッシュルーム・デザイン・スタジオは、愛犬の病気を普段の食事から改善したい、飼い主の方々の愛犬に対する心配を何とか軽減したいという強い思いから、

獣医さんの監修の元、

5大学(東京農業大学、同志社大学、兵庫県立大学、関東学院大学、奈良女子大学)と連携し、

栄養学の専門家からの意見を取り入れ、

70年の歴史を誇る研究工房にて、

メーカーと共同開発を10年かけて、

ワンちゃん300頭の協力を得て、

臨床栄養で7疾患・病気を全てケアした人も食べられる療法食ドックフード『犬心(いぬこころ)』を開発したのです。

『犬心(いぬこころ)』を開発したマッシュルーム・デザイン・スタジオの会社経歴はこちらから

『犬心(いぬこころ)』の原材料チェック

まずは成分表に記載されている原材料をチェックします。

使用原料
生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつまいも、ジャガイモ、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖


玄米、大麦、とうもろこしといった穀物を気にされる方もいらっしゃると思いますが、コジロウが主食にしているマザープラス(シニア)の記事でも書きましたが、「良質な穀物であれば全く問題ない。むしろ穀物でしか摂れない栄養素もある。」という認識でいます。

ジャガイモが入っていなければ、コジロウに食べさせたかったのですが・・・。

『犬心(いぬこころ)』の不使用宣言

『犬心(いぬこころ)』は、ワンちゃんの体に悪いとされている「12の不使用宣言」をされています。

1.食品添加物

2.酸化防止剤

3.防腐剤

4.合成調味料

5.着色料

6.肉骨粉

7.オイルコート

8.香料

9.肉魚の高温加工

10.残存農薬

11.乾燥肉

12.肉副産物

これだけ見ても安心・安全なドッグフードですね。しかも、私が重視している「オイルコート」も不使用なんて素晴らしいです。

『犬心(いぬこころ)』の保証成分チェック

次に保証成分をチェックします。

・カロリー:325Kcal/100g

・粗タンパク質:23~27%

・粗脂肪:5~9%

・粗繊維:5~8%

・可消化炭水化物:40~45%

・リジン:約1.9%

・L-カルニチン:300ppm以上

・ビタミンE:400IU/kg以上

・ビタミンC:100mg/kg以上

・セレン:約0.7mg/kg

・ナトリウム:約0.3%

カリウム:約0.7%

『犬心(いぬこころ)』は、「低糖」「低脂肪」ですね。やはり、ちょっとメタボなコジロウに食べさせたかった・・・。

『犬心(いぬこころ)』のアピールポイント

ポイント1Wパワーの血糖コントロール
血糖値UPに繋がる消化されやすい糖質を制限します。更に、糖吸収をブロックする食物繊維を徹底研究しています。この2つの要素により、血糖値コントロールを実現するのです。

ポイント2オメガ3/6による「低脂肪」
人間のダイエットにも研究され実用化されているオメガ脂肪酸。もちろん「低脂肪」が良いのは、犬も一緒です。『犬心(いぬこころ)』は、低脂肪、そして脂肪の「質」にもこだわっています。犬に必須の栄養「オメガ3/6脂肪酸」を、良質な生肉・生魚、ココナッツから中心に配合しています。

コジロウは、オメガ脂肪酸をサプリメントで摂取しているので、やはり『犬心(いぬこころ)』は良いとこどりですね。

ポイント3タンパク質をはじめとする栄養バランス
7疾患対応の高消化性タンパク質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸等、低カロリーでも栄養バランスはとれています。

ポイント4腸の健康+免疫力キープ
「腸」は、免疫細胞の約70%が集まる器官と言われています。『犬心(いぬこころ)』は、犬の善玉菌をUPさせるので、腸の健康を実現します。また、免疫成分「βグルカン」高含有の花びら茸を配合し、「腸の健康+βグルカン」で免疫力をキープします。

免疫力UPも考慮しているなんて、このポイントも高いですね。

ポイント5驚異のリピート率95%以上の実績
実際に、糖尿病、クッシング症候群、甲状腺機能低下症を患っているワンちゃんが『犬心(いぬこころ)』を食べだしてから改善が見られるとのことで、実に95%以上の飼い主さんが再注文されているのです

※リピート率95%以上のデータは、2015年8月1日~12月31日の間です。

飼い主さんの個人的感想で、効果効能を保証するものではありませんが、公式HPの口コミを見ると高い割合で良い実感があるとおっしゃっています。

『犬心(いぬこころ)』の気になる価格は?

1袋:1kg金額1kg当たりの金額1ヶ月分の目安体重
初回お試し200g無料
通常購入×1袋2,600円2,600円
まとめ買い×3袋6,500円2,167円5~10kg
定期購入×3袋6,400円2,134円5~10kg
まとめ買い×6袋11,500円1,917円10~20kg
定期購入×6袋11,400円1,900円10~20kg
まとめ買い×9袋16,000円1,778円20~30kg
定期購入×9袋15,900円1,767円20~30kg
まとめ買い×12袋19,800円1,650円30kg以上
定期購入×12袋19,700円1,642円30kg以上

※価格は税別です。

『犬心(いぬこころ)』は、なんと初回無料(お試し200g分)です!!

そのお試し200gで、残念ながら食いつきが悪い、ワンちゃんに合わないのであれば、その後はキャンセルできます。

但し、キャンセルするには、お試し200g発送から7日以内に、電話・メールできちんとキャンセルの意思表示をしなければいけません。意外に時間が無いので、キャンセルする場合はご注意ください。

もし、お試し200gが食いつきが良い、ワンちゃんの体にも合いそう、続けて食べさせてみたいのであれば、2回目から「まとめ買い」または「定期購入」がおススメです。

表を見て頂ければわかる通り、定期購入で多く頼めば頼むほど1kg当たりの単価は安くなります。正直、このクオリティーのドッグフードでこの価格は本当に魅力的だと思います

定期購入は、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・(4ヶ月以上もOK)ごとに選べますので、ワンちゃんのペースに合わせて調整できますからね、小型~中型のワンちゃんでも多めに購入しておけばお得です。

まとめ買い及び定期コースの送料について
※初回お試し200gは、全国送料無料です。
1:北海道・東北地方・沖縄を除く地域への配送は、全て無料です。
2:北海道・沖縄への配送は、別途700円かかります。
3:東北地方への配送は、別途300円かかります。

通常購入の送料について
1:北海道・東北地方・沖縄を除く地域への配送は、別途510円かかります。
2:北海道・沖縄への配送は、別途1,210円かかります。
3:東北地方への配送は、別途810円かかります。

やはり、送料を考えても、長期購入するのであれば、まとめ買い、定期コースをおススメします。

『犬心(いぬこころ)』のデメリット

  • ドッグフードは外国産でないとダメだという神話を信じている人
  • ペットショップで販売されていない
  • 知名度がまだ業界に浸透していない

『犬心(いぬこころ)』のメリット

  • クオリティーの高さ抜群の7疾患対応食事療法食
  • 安全・安心なナチュラル製法
  • コストパフォーマンスも良し

『犬心(いぬこころ)』のまとめ

丸4個4

コジロウはジャガイモアレルギーなので、『犬心(いぬこころ)』を食べさせることはできず、実際に購入していないので星4とさせて頂きましたが、それさえ無ければ限りなく星5に近い評価をしたいです。

正直、ジャガイモさえ入っていなければ、主食のマザープラス(シニア)から切り替えたいぐらいです。コジロウは若干、メタボ(肥満)ですし、これからの体のことを考えると本当に試してみたかったです・・・。

それにしても、7つの疾患を予防できるドッグフードというのは、とても魅力的だと思います。

7つの疾患は、普段の食事管理が必須です。食から体が形成されますからね。市販されているドッグフードでは対応しきれず、手作り食でもこの『犬心(いぬこころ)』の効果を得るには相当難しいのは簡単に想像できます。

更には、病院流通の大手メーカードッグフードと比較しても、「人も食べられる」「自然原料」、「自然を活かす製法」、「国内生産」、「食いつきの良さも追求」等、どれをとっても優れているのではないでしょうか。

もちろん言うまでもありませんが、動物薬事法上も問題なく、犬の病気の食事管理ができますからね。

「犬のナチュラル療法食」という新しい切り口のドッグフードである『犬心(いぬこころ)

もし、アレルギー成分が含まれていないのであれば、7つの疾患に悩むワンちゃんに検討してみてはいかがでしょうか?



コジロウ

アナタのワンちゃんにも幸せな1日を過ごしてほしいワン!!


【キャバリアでルビーなコジロウの犬生ブログ-アレルギーを克服する日々を綴る-】

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。