コジロウのためを思い白内障手術を最終決意した私と嫁は、早速病院に連絡して先生に手術の件をお願いしました。

手術日は2014年3月10日(月)10:30~に決まりました。

スケジュールは、

・3月9日(日):手術前入院

・3月10日(月):手術

・3月11日(火)、12(水):術後入院

でした。

約1ヶ月後の新居への引っ越し前にコジロウの手術を終えていれば、術後安定するまで慣れ親しんだ家で生活できますし、新居での新生活もスムーズに開始できると思い、タイミング的には抜群に良かったです。

また、術後の1週間は1日朝昼晩と定期的に目薬をささなくてはいけなくて、共働きの私たちには無理なので私の両親に頼みました。両親の協力は本当に有り難かったです。

そして、いよいよ手術前日となり、コジロウを病院に預けに行きました。

スポンサーリンク

コジロウ白内障手術へいざ出陣!!

ちなみに家を出る直前のコジロウです。
白内障手術前のコジロウ

まさかコジロウは、これから白内障手術を受けるとは思ってもいないんだよなぁ、本当にこれで良かったのかなぁ、もし失敗しちゃったらどうしよう・・・、などと直前まで考えてしまいましたが、ここまできたら先生を信じて手術は成功するんだという強い気持ちを持つように切り替えました。

コジロウに「次会う時は両目とも見えるようになっているんだよ。だから頑張るんだよコジロウ。」とコジロウの顔を抑えてコジロウの目を見て、私は心の中でコジロウにそうつぶやきました。

そして、先生とスタッフの皆さんにコジロウを預け、私は診察室を出ました。

コジロウは私と嫁と別れて寂しがるのかなと思い振り返ってみると、先生たちに尻尾を振りまくってジャレていました。私と嫁などもうどうでも良い感じで・・・。

ふてぶてしいけど、さすがコジロウ、私に似て本当にマイペースなんだなと感心しました。

絶対手術は成功する!!
そう信じて私と嫁は病院を出ました。

コジロウ白内障「大成功」へ続く。

コジロウ

アナタのワンちゃんにも幸せな1日を過ごしてほしいワン!!


【キャバリアでルビーなコジロウの犬生ブログ-アレルギーを克服する日々を綴る-】

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。