コジロウ白内障「発覚」


2012年12月頃でした。

コジロウの目をよくよく見てみると、「なんだろう、この白いのは・・・?

光の当たり具合でそう見えるのかなと、特にその時は気にすることもありませんでした。

コジロウが5歳の時でしたので、まさか白内障だったということは、その時はまだ知る由もありませんでした。

しかし、日に日に大きくなっていく白い点は、光の当たり具合などではなく白内障だとわかったのは、約3ケ月後に病院に行った時でした。

スポンサーリンク

コジロウ、白内障発症・・・

かかりつけの先生に相談したところ、

これは白内障ですね

まだコジロウは若いという認識だったので、まさかこれほど早く白内障になるとは思いもしませんでしたので本当にショックでした。

先生の説明によると、人間の白内障とは違い、手術をするには全身麻酔をするので体にかなりの負担がかかるということ、犬は人間ほど目を頼っていないということ、白内障の症状もまだ片眼ということで日常生活にはさほど影響はないだろうとのことで手術はしなくても良いのでは、という見解でした。

先生の説明を聞いた私は一安心するも、それから犬の白内障についてネットで調べました。

ネットには色々な方の意見がありましたが、だいたいは先生の説明と同じように体の負担を考えて手術は選択しないという人がほとんどでした。

皆がそうなのであれば、私も手術を選択しないと、ある種の集団心理で自分にそう言い聞かせていた。

しかし。

コジロウ、両目とも白内障に・・・

2013年11月、ついにコジロウの左目はほとんど真っ白になってしまいました。

左の視界が悪いのでしょう、振り向き様に顔をぶつける回数も増えてきました。

かわいそうだな、やっぱり手術した方が良いのだろうか?

そう考え悩んでいた矢先のことです。

なんと反対側の右目にも白い点が現れてきたのです。

1012737_426723477425962_1527436686_n

コジロウ白内障「苦悩」へ続く。

コジロウ

アナタのワンちゃんにも幸せな1日を過ごしてほしいワン!!


【キャバリアでルビーなコジロウの犬生ブログ-アレルギーを克服する日々を綴る-】

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。