アレルギー検査結果

アレルギー強度検査結果
検査実施日: 平成26年12月10日
年齢: 7歳8ヶ月

CCR4/CD4: 45.4% ↑

参考基準値
年齢: CCR4/CD4
2歳未満: 16.3%以下
2歳以上: 28.7%以下

※アレルギー強度検査で検出する細胞は、アレルギーの際に血液中に出現するリンパ球集団です。
参考基準値を超える場合は、アレルギー反応を起こしやすい免疫状態と考えられます。

アレルギー強度検査の結果、大幅に数値を超えているので、コジロウはアレルギー反応を起こしやすいということでした。

次に、アレルギー特異的IgE検査結果です。

環境アレルゲン

環境アレルゲン    
節足動物陰性要注意陽性
ヤケヒョウダニ175ng/ml
コナヒョウダニ164ng/ml
ノミ39ng/ml
45ng/ml
ゴキブリ22ng/ml
雑草陰性要注意陽性
ヨモギ0ng/ml
オオブタクサ49ng/ml
アキノキリンソウ0ng/ml
タンポポ3ng/ml
フランスギク1ng/ml
牧草陰性要注意陽性
カモガヤ40ng/ml
ハルガヤ0ng/ml
オオアワガエリ20ng/ml
ホソムギ0ng/ml
ギョウギシバ0ng/ml
樹木陰性要注意陽性
ニホンスギ0ng/ml
シラカンバ81ng/ml
ハンノキ34ng/ml
カビ陰性要注意陽性
アスペルギルス73ng/ml
アルテリナリア9ng/ml
クラドスポリウム1ng/ml
ぺニシリウム104ng/ml

食物アレルゲン    
主要食物アレルゲン陰性要注意陽性
牛肉49ng/ml
豚肉24ng/ml
鶏肉48ng/ml
卵白0ng/ml
卵黄40ng/ml
牛乳16ng/ml
小麦18ng/ml
大豆52ng/ml
トウモロコシ4ng/ml
除去食アレルゲン陰性要注意陽性
羊肉11ng/ml
七面鳥66ng/ml
アヒル36ng/ml
サケ45ng/ml
タラ88ng/ml
ナマズ60ng/ml
シシャモ17ng/ml
ジャガイモ150ng/ml
40ng/ml

参考基準値
◎ 0~99ng/ml: 陰性
血液中に有意なアレルゲン特異的IgEの上昇は認められません。

○ 100~499ng/ml: 要注意
発症する可能性は低いですが、アレルゲンに感作されています。

● 500ng/ml: 陽性
発症する可能性が高いレベルです。

このアレルギー検査結果でわかったことは、コジロウはハウスダストに弱いのでこまめに掃除をしなければいけないこと、
ジャガイモを含まないフードを選ぶことです。

皆さんも愛犬のアレルギーが何なのか心配であれば、一度かかりつけの動物病院でアレルギー検査をしてみてはいかがでしょうか。